読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコタフと異世界への冒険

チョコタフが好きなゲーム・舞台・漫画・アニメ他への愛を語る場所。目指すのは究極のオススメ集。

ポケモン歴15年の私が『XY』に抱いた感動

今日は秋アニメ感想第6弾として『ポケットモンスター XY』ついて書きます。

第6弾だと?おまえ、新たに見る秋アニメは5本だと書かなかったか?という疑問もごもっともです。

増えました。

おまけに実は『黒子のバスケ』もなので、正確には7本です。ポケモンは見る予定ではなかったのですが。そして黒バスはカウントするのを忘れていました。


本題に入る前に私のポケモン歴を書いておきましょう。

私が初めて手にしたポケモンは「ポケットモンスター 赤・緑」です。そう、私の子ども時代はポケモン誕生期でした。

ポケモン誕生以前からゲーム好きの私が、ポケモンに夢中になるなと言うのがまず無理な話です。その後も着々とトレーナーの道を歩み、「青」「ピカチュウ」「金・銀」「クリスタル」「ルビー・サファイア」まで遊び、「ファイアレッドリーフグリーン」で一度区切りをつけました。思えばこの時期、ゲーム全般から離れていたこともあり、自然とそうなったのです。

しかし、ニンテンドーDSによって私のゲーム熱が徐々に復活してきたところに「ハートゴールドソウルシルバー」が投入されます。「金・銀」の記憶が呼び起こされ、再びトレーナーへと復帰することとなりました。そして物語性が強そうな「ブラック・ホワイト」に惹かれ、ポケモンの新作を手にとったのです。

こういう流れ上、ポケモンのアニメも初期はかなり見ていました。おそらく「無印」から「AG」の途中まで。ゲームと同じですね。だから、アニメも「ベストウィッシュ」から、毎週とはいかないまでも、再度見るようになったのです。ゲームで「BW2」を遊ばなかったのと同様、「ベストウィッシュ」も途中まで、でしたが…。


小さい頃に熱中して、一度は離れたものの、再び手に取った『ポケモン』。私の過去の一時代がポケモンと共にあったと言っても過言ではありません。

しかし、さすがに、メインターゲットとは離れてきているのかなと思うことがありました。“卒業”という言葉が近い気がします。ポケモン自体の魅力が失われたなどという話ではなく、私が成長した、そういうことだと思っておりました。私の中の“子ども心”をくすぐらないのは、そもそも私の中の“子ども心”自体が無くなったのだ、と。

だから、新作の『ポケットモンスターXY』を購入するには至りませんでした。そしてアニメを見る予定も無かったのです。


そこで、本題のアニメ『ポケットモンスターXY』の話になるわけです。

視聴予定が無かったはずが、ある一人の人物がそれを変えました。かつての“子ども心”には響かなかったかもしれないが、成長した私のある意味での“大人心”に響いた人物…!

プラターヌ博士です。

うっかり一目惚れです。かっこいい。ファミ通での人気投票も上位でしたもんね。みんな思うことは同じなのねと笑ってしまいました。

ゲームをやる時間は無いのだけれども、アニメで動く姿くらいはちょっと見たいな、という欲に動かされ、第1話を見ました。


#1を見て確信しました。私の中にはまだ、ポケモンにワクワクする心が残っているのだと。

この話では、ケロマツガブリアスのエピソードを通じて、ポケモンが大好きで仕方のないサトシが描かれていました。ポケモンのことを何より大切に思い、心を通わせるサトシの姿は、『ミュウツーの逆襲』を思い出させます。そしたら、何だか泣けてきちゃって。ピカチュウがまたサトシの相棒として、いい表情をするもんだから、余計にね。

加えて、ユリーカの存在を語ることなしに、「XY」の面白さは語れません。彼女はポケモンと出会う楽しさを教えてくれます。サトシのピカチュウを見て、驚き、喜ぶユリーカを見てたら、また泣けて…涙腺弱くなったかな。

ユリーカは、一人の人間として、対等にポケモンと接しています。それがトレーナー視点とはまた違い、新鮮に感じられます。彼女の反応を見てたら、みんな最初はここから始まったのだと感慨深くなりました。みんな最初は、きっとユリーカみたいに、ポケモンに関わることならどんなに小さなことでも、はしゃいで喜んでいたのかな、って。

ユリーカが思いっきり楽しんでくれるおかげで、私はポケモンをまた新たに楽しめています。伊瀬茉莉也ちゃんの声も最高。

もちろん、ユリーカが目を輝かせるほどのポケモンが、絵としてそこに描かれていることも見逃してはいけません。「XY」になって、ポケモンの表現がとても豊かになった気がします。表情や仕草など、“演技”と言っちゃうと身も蓋もないのですが、そういう面が際立っていると思います。

ガブリアスが首輪に苦しむ姿や、首輪が外れた瞬間、一瞬見せた涙を、私は忘れられません。あのガブリアスのエピソードはケロマツも含め、映画でやっても十分なくらいでした。

そういう訳で、アニポケ、面白いです。昔よりも夢中になっているのでは?と思うくらい、のめり込んで見ています。


プラターヌ博士?ええ、もちろん好きですよ。私も彼からポケモン貰いたいってなりましたよ。

しかしですね。今回ばかりは、ユリーカとポケモンに対する感動が強すぎて、それを語らないわけにはいかなかったのです。


年末のゲームスケジュールを考えると、ゲームを遊ぶのはまだ先になりそうです。今はひとまずアニポケポケモンを満喫したいと思います。

気が早いですが、TVアニメが楽しいとなると映画にも期待したくなっちゃいますね。


来週もポケモンゲットだぜ!
(ピッピカチュー)

おわり。

※プランターヌだと思ってました。プラターヌでした。博士ごめん(12/13修正)