読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコタフと異世界への冒険

チョコタフが好きなゲーム・舞台・漫画・アニメ他への愛を語る場所。目指すのは究極のオススメ集。

旅をしてきた

旅行から戻って参りました。
行き先は、本州の西、山口県萩市でございます。

明治維新の風がここから吹いた、と言われるくらい、その時代に活躍した人物を多く輩出した土地です。

なんとタイムリーなことに、NHKドラマ「はじまりの歌」が今日放送されたばかり。
このドラマの舞台が萩市なんですねえ。タクシーの運転手さんや観光ガイドの方がよく話題に出していました。

冒頭を見たら、松陰神社が!
私も行ってきましたよ〜

f:id:kumadasummer:20130923220137j:plain
(松陰先生が幽閉された幽囚室を隣の部屋から覗く、の図)

よりにもよってこの写真か!
と言われそう…。
王道のも撮りましたが、個人的にはこの角度で見るのがロマンたっぷりで好きです。

なぜなら、この見方には時代の差って、ないような気がするから。
幽囚室を正面から見るというのは、「展示」の見方なんですよ。それって、自分がいる時間軸は現代なわけです。「現代」から「昔」を見てる。
でも、別の部屋から幽囚室を覗くアングルは、「昔」も存在した視点のはずなんです。この写真は、ちょっと「外」寄りだけどね。
「昔の視点」で、当時に思いを馳せるのが私にとっての「ロマンたっぷり」なのです。できることなら、中に入って正座して、本を読みたい。

普段あまり写真を撮らないので、今回の旅行で自分の写真センスの無さを痛感しました。きっと、このロマンをうまく伝えられる写真を撮れる人もいると思うんだ…!

この旅行のことは改めてまた別の記事にて。

ひとまず、おわり。