読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコタフと異世界への冒険

チョコタフが好きなゲーム・舞台・漫画・アニメ他への愛を語る場所。目指すのは究極のオススメ集。

LOVEはたまにでちょうどいい

書籍・漫画
いつの間にか舞台とゲームの話ばかりに。
今日は漫画、とりわけ少女漫画について書きます。

私にとって少女漫画といえば、「花とゆめ」です。「ちゃお」でも「なかよし」でもなく。気づいたら花ゆめを手にしていました。

花ゆめは、他の少女漫画に比べて、あまり恋愛に重きをおかない作品が(少なくとも昔は)多く、恋愛をフューチャーしたストーリーというよりは、物語で時が流れ、人物たちが成長していったり変化していく過程で自然にLOVEをしていく…という印象です。

恋愛以外に、別の太い物語軸がある感じかな。もちろん恋愛によって物語は更に盛り上がるわけですが!

そんな作品を多く読んできたせいか、今の嗜好もそんなところです。忘れた頃にLOVEが落ちてる、くらいの甘さが好き。まさにキュン、とするのよね。

いま最もお気に入りなのは、『俺様ティーチャー』です。ヒロイン真冬にLOVEは期待できませんが(ひどい)、周りにいる男性陣がキュンとする様に、私はキュンとなっています。
例えば番長。例えば寒川。

真冬さんのお相手は誰になるんでしょうか。私としては番長がとてもお似合いだと思うのだけど、ここはやっぱりタイトル通りに鷹臣くんなのか?王道の早坂くんも忘れちゃいかんね。
でもでも、私は真冬とあやべんコンビに、ものすごく萌えてしまうのですよ…!なんていうか、すごく夫婦…!

分かってるのです。今はいい友達で、これからもそんな関係が続きそうだってこと。それでも、あやべんと真冬が話すだけで、ときめくのです。なんだかんだ世話焼いちゃうあやべんと、それに甘える真冬という関係で、でもいざあやべんが弱ると真冬さん本領発揮でかっこいい!みたいな!

もうあやべんは弱さを克服してしまいましたが。ぐすん。

くっつきそうにない二人ですが、真冬さんのお相手はまだ決まっていないわけなので、全力で応援したいです。
(でも桶川番長とも早坂くんともくっついてほしいので、ジレンマ)


『俺様ティーチャ』を描く椿いづみ先生は、ガンガンonlineで『月刊少女野崎くん』も連載していらっしゃいますが、そちらでも、たまに落とされるLOVEに、すごく胸キュンです。
恋愛スキルのなさそうな野崎くんが、ヒロイン千代ちゃんを(稀に)ときめかせる…!さすが少女漫画家。
そんな恋する千代ちゃんが可愛すぎて、見ていてとても和みます。和んだあとには、声を出して笑っています。
LOVEより笑いが投下される漫画です。

そしてここでも、王道カップルとは違うところで、ワクワクしちゃうのです。千代ちゃんは野崎くんとくっついてと思うのに、みこりんと一緒にいても胸キュン。千代ちゃんはみこりんの本性知っているから、あの千代ちゃんがたまに、みこりんを冷たく扱うのが、またいいのです。

少女漫画で、ストーリー上くっつかないであろうお相手とヒロインのカップルに萌えてしまうと、寂しい気持ちになります。そしてそれがなぜか多いのだ…。
スキビはショータロー派だし、夢パティは花房くんかアンリ先生、星歌はユーリとか、カナちゃんとか!!
片想い描写が好きなのかもしれない。

でも、やっぱりヒロインや登場人物が幸せになってくれることが一番です。私は見守るだけ〜。
そんな風に楽しんでおります。

少年漫画の楽しみ方とは、また違うものですね。


おわり。
(まだ旅立ってはいなかった)