読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコタフと異世界への冒険

チョコタフが好きなゲーム・舞台・漫画・アニメ他への愛を語る場所。目指すのは究極のオススメ集。

テニミュブーム再来の予感~新跡部様に惚れるの巻~

「ミュージカル『テニスの王子様』3rd Season 青学VS六角」を観劇してきました。 2003年のテニミュ初演から約14年。そして、私が初めて観に行ったのは2005年の「The Imperial Match 氷帝学園」なのでテニミュ歴もとうに10年を超えました。 私のテニミュ史の…

テニミュ四天宝寺戦を観戦してきました

毎年の恒例行事となって参りました、冬のテニミュ。今回も参加してきましたよ〜!そんなわけで今日は、「ミュージカル『テニスの王子様』青学VS四天宝寺」の感想と、テニミュまわりのお話を。テニミュを観る理由テニミュ歴9年ですが、その間に自分の観劇スタ…

「役者と音楽家のいるレストラン」でちょっとお食事どうでしょう

あとちょっとでクリスマス。デートはやっぱり、イルミネーション?そして素敵なお食事?いえいえ、ここは舞台などはいかがでしょう。クリスマスにぴったりな舞台があるのですよ。青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2〜役者と音楽家のいるレストランFi…

『心霊探偵八雲 いつわりの樹』の裏側の話

わあ、一週間空いてしまった。本業に勤しんでおりました。そのご褒美なのか、早めのサンタさんが我が家にきましたよ。舞台版『心霊探偵八雲 いつわりの樹』DVDが届いたのです!早速たのしみにしていた特典映像を見ましたので、今回はその感想を。最初に言っ…

役者への興味

先日、とある学生演劇を見てきました。出演者から裏方まで、ぜーんぶ学生で、何度か公演を行ったことのある劇団です。感想は、「え、ここまで上手いもんなの?」でした。小さな劇団が小劇場で上演するものは何度か行ったことがあるのですが、学生演劇は初め…

「○○化」を考える

今日は舞台のお話。 またまたVISUALIVE『ペルソナ4』を例にとります。この作品についてはいろんな面から触れたいのです。 前回、この作品を通して「舞台化」について考えてみました。今回は、その話をもう少し広げて、「原作以外の媒体にすることの意味」を…

「タンブリングvol.4」を思い出してみた

きょうは、これ(珍しく撮っていた)について。舞台「タンブリングvol.4」です。当初は観に行く予定では無かったのですが、日替わりゲストにケンケン(鎌苅健太くん)が発表され、例に漏れずメインキャストが知っている方ばかりだったので急遽チケットを手配しま…

VISUALIVE「ペルソナ4」を振り返る

今回はVISUALIVE「ペルソナ4」を振り返りたいと思います。作品の感想というよりは、舞台化に際して私が考えていたことを掘り起こしてみようかなと。 「ペルソナ4」の舞台化が決まったとき、楽しみだけど不安、という気持ちでした。 元々、原作であるゲームを…

期待に応えるということ

今日はミュージカル「美少女戦士 セーラームーン La Reconquista」を観に行ってきましたよ。感想は「難しいよね」です。まだ新しいものを消化しきれない感じもあり、とはいえ応援していく気持ちは変わらない、ということを前提に、整理するためにも少し書こ…

セーラームーンに思いを馳せる

よっしゃ今日もFF14やるぞっと意気込んでみたら、なんとメンテナンス。忘れてました。朝ご飯を食べながら考えていた今日の予定が…。ゲームの休憩に見ようと思っていた、セラミュを引っ張り出してくることにしました。ミュージカル 「美少女戦士セーラームー…

心霊探偵八雲を振り返る〈後〉

引き続き、舞台版「心霊探偵八雲 いつわりの樹」を振り返りたいと思います。今回は内容編。日を遡ること、8月28日。まだまだ暑い日でした。渋谷の坂をのぼって、目指すは青山円形劇場です。座席はなんと最前列、しかも通路側だから舞台の階段がすぐ横にあり…

心霊探偵八雲を振り返る〈前〉

今日の振り返りは、舞台版「心霊探偵八雲 いつわりの樹」です。楽日に、昼夜と2回観に行きました。今回は舞台を観にいくまでのお話。主にキャストのみなさんについてのあれこれです。心霊探偵八雲、という名前はもう随分前から知っていましたが、それまで観…