読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコタフと異世界への冒険

チョコタフが好きなゲーム・舞台・漫画・アニメ他への愛を語る場所。目指すのは究極のオススメ集。

記録で振り返る2013

その他
年末らしいことを一切していないので、せめてブログでは2013年を振り返っておきます。

くまだは見たり、読んだりした作品をほぼ日手帳に毎日記録しています。その記録を以って、振り返りとしたいと思います。

2013年はこんな感じでした。

  • 本:27冊(51)
  • マンガ:154冊(155)
  • アニメ:18作品(56)
  • ゲーム:35作品(30)
  • 舞台・イベント等:26回(30)
※()内の数字は2012年の数字。

比較するために2012年の数字もご紹介しました。カウントの仕方はほとんど同様だったと思います。

この他、もちろんTVドラマや映画も楽しみました。作品数がそれほどでもないのでカウントしていません。でも、去年より多くなっていたので、アニメが減ったのかも。

本については、去年、二ヶ月で30冊読むという読書強化月間を実施したため、今年はやはり減りました。もうちょっと読みたい気がする。

あとは去年と同じくらいですね。多けりゃいいってもんじゃないですが、それだけ楽しい時間があったと考えると、いい一年だったとも思います。

各分野での、ベストオブ2013を発表して締めくくりとしましょう。

以上です。

本に関しては、ジャンル別にさせてもらいました。それぞれで全く違う感動をもらったので。そしたら、予想外な並びになりましたが…意図して選んだわけじゃないです。並べて初めて気づきました。典雅さん、意識してタイトルつけたのか、すごいな。

全ての作品について、ほとんどこのブログで触れてませんね。来年は、これらについて書くことから始めましょう。


今年も全力で遊び、楽しみました。触れた作品の全てが私の活力となり、今生きていると言っても過言ではありません。

これらは、作品をつくる人がいなければ、成り立たないことです。だから、とても感謝しています。本当に、本当にありがとうございました。

たくさんの作品が2013年を彩ってくれました。来年も、色んな感動に出会えたら嬉しいです。そしてそれを、このブログに綴っていこうと思います。


2013年の後半からですが、読んでいただいた皆様、ありがとうございました。来年も引き続き、よろしくお願いします。

くまだ



おわり。




テニミュ四天宝寺戦を観戦してきました

舞台
毎年の恒例行事となって参りました、冬のテニミュ。今回も参加してきましたよ〜!

そんなわけで今日は、「ミュージカル『テニスの王子様』青学VS四天宝寺」の感想と、テニミュまわりのお話を。


テニミュを観る理由
テニミュ歴9年ですが、その間に自分の観劇スタイルも変わったようです。

以前は、1回目は全体、2回目以降はお気に入りのキャストを追いかけるような見方をしていました。特に1stの氷帝、六角戦は夢中。はい、1st氷帝、好きでした。

正にアイドルの追っかけ、てな感じで、テニミュの公演自体と、キャストのイベントに通っていたんです。

でも今はだいぶ落ち着いてきて、特定のキャストさんにお熱、なんてことは無くなってきました。。いいかも、好きかも、注目しとこ、とそのくらい。舞台チラシでその子の名前を見たら気になる程度。

それでも毎公演見てるのは、新しい役者さんの発見が面白いからです。

原作もの、キャラクターもの、お話もほぼ決まってる。枠が同じだからこそ、アプローチの仕方で個性が出たり、消えたり。ミュージカルだから、演技、歌、踊りと、要素が多い分、わかりやすい。役作り、っていうのかは分からないけど。

たまに、いいな〜!って思える人がいるんですよ。役に成りきるのは最低ラインとしてあって、その上に、歌や演技でキャラクターの感情をうまく盛り込める人。キャラクターのもう一つの顔を見せてくれる人です。

それがテニミュだからこそ見られるキャラクターの一面ともなると、その発見が楽しくて、ついつい観に行っちゃうんです。

“成りきる”にとどまらない人たち
テニミュだからこそ見られるキャラクターの一面を挙げるなら、例えば「目の前で動く」のは、その一つ。「踊る」のもね。

でも、私が求めてるのは、それより深く掘り下げた、役者それぞれのキャラクター解釈だったりします。

例えば、宮野真守さん演じる石田役なんて、極端にマモちゃんの解釈が盛り込まれてる。まずあんなに「ぬんっ」って言わない。だけど、なぜか舞台上で説得力があるから、惹かれちゃう。そこが彼の魅力です。

あと好きだったのは、増田俊樹くんが演じた幸村。王子こと、八神くんの幸村は儚いイメージが強かったけど、まっすーの幸村は、王者立海の部長として威厳のある姿でした。もちろん関東、全国の違いはあるんだけど、まっすー幸村は正に“神の子”で、あの平伏したくなるオーラを感じられるのは舞台だからだと思ったんです。

全国立海ナンバーで、まっすー幸村の周りに、部員が跪く場面があって、それを見た時は感動しました。個性が強く、またそれぞれの力量も半端でないはずなのに、逆らおうともせず、あの真田までもが跪く。その相手は幸村しかいないのだと、一瞬で関係性が分かる振り付け(?)で印象に残ってます。

こういう感動を味わいたいんです。…なかなか無いんだけどねー…。


説得力があればそれでいい
さて、ここでようやく、「青学VS四天宝寺」の感想。一言です。

オサムちゃん可愛い。

今回はそれに尽きますし、それ以上の感動はなかったとも言えます…うん…。惜しかったところはあったんだけどさ。

2ndの四天宝寺戦から参加となった、渡邊オサム。四天宝寺中の監督です。監督が役として出るのはなんと初めて!(榊監督はシルエット出演してましたが)

見た目はなかなかにオサムちゃんだったので、否が応でも期待してしまうってなもんです。いったいどんな風にオサムちゃんを作ってるのかとワクワクしていました。

見た感想は…予想以上にオサムちゃんでびっくりしました。ずーと、コートに手つっこんで、たまに煙草吸ったり、という仕草面がまずオサムちゃんらしい。でも、それだけじゃなくて、部員とのコミュニケーションも、「監督」としての立場から行われてるもので、適切な距離感がある。それがとってもオサムちゃんらしい。

オサムちゃんは、登場シーン、舞台袖からカッコつけて、ゆっくり出てきます。すると、後ろから走ってきた金太郎に体当たりされ、派手にコケる。もう、これだけでオサムちゃんだよ!ありがとう!

こけしも常備してるし、たまに部員の悪ノリに乗っかって白石に窘められるし、そんなお茶目な面を見せた思ったら、監督として銀に接する大人だし。どこを切り取っても、オサムちゃんでした。

最後のナンバーで全員私服になるわけですが、オサムちゃんは変わらないだろうな〜と思ったら、帽子とコートをチェンジさせてきてて笑えました。ごめん、笑えたんです。

だって、あのオサムちゃんが、お洒落風なトレンチコートと中折れ帽子なんだもん。中の人には似合うのに、オサムちゃんには似合わない。というか絶対選ばないだろ、いやでも選ぶ可能性もあって、そのダサさにツッコミを入れる部員まで含めてオサムちゃんか、と妙に納得したりもしました。

あとは、歌って踊る感動!オサムちゃんは原作の出番が少ないから、動いているだけで嬉しい。でもそれって、君沢さんのオサムちゃんに対する役作りがしっかりして、説得力がなければ成り立たない感動です。そこにいるのは「渡邊オサム」だと観客に思い込ませるとこまでいったら、あとは自由な個性を出してくれて構いません。オサムちゃんとして楽しめるから。

その線引きが、全体的に難しくなってる気がしますね。確かに役に成りきってはいるんだけど、あと一歩、一味、足りない。優等生だけど、それまで、みたいな子が多い印象です。

その点、オサムちゃんは原作の情報量が少ない分、役者さんの膨らまし方にかかってるので、観るほうとしては楽しみやすいと言えるかな。君沢さんのオサムちゃん、私にとっては完璧でした!


この出会いがあるから、観にいくことをやめられない。

それに、アンコールナンバーで、オサムちゃんが近くで踊ってくれて感激して、超かわいいと悶え、生写真まで買っちゃったりして。

観にいく回数や、そこに向ける熱量は減ったかもしれないけど、満喫はしてます。凱旋公演も楽しみです。

オサムちゃんにこけしを貰いたい派、くまだでした。


おわり。

「役者と音楽家のいるレストラン」でちょっとお食事どうでしょう

舞台
あとちょっとでクリスマス。

デートはやっぱり、イルミネーション?そして素敵なお食事?

いえいえ、ここは舞台などはいかがでしょう。クリスマスにぴったりな舞台があるのですよ。

青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2〜役者と音楽家のいるレストランFinal」

今日はその感想です。


演劇でもミュージカルでもコンサートでもない
とあるレストランを舞台に繰り広げられる、クリスマスの日訪れるお客さんの物語です。オムニバス形式で、色んなお客さんが来店します。

ちょっと素敵なマダム、会社のワイン同好会の先輩後輩、ゲスト(春風亭昇太さんでした)、古くからの友人同士などなど…。彼らはお店の料理を食べながら、各々のクリスマスを過ごすのです。どれも、心にポッとロウソクの火が灯るような暖かなお話でした。

物語中のBGMはすべて生演奏!ヴァイオリン、ピアノ、バス、ギターが素敵な音色を奏でてくれます。円形劇場は客席との一体感が特徴的ですが、客席から音楽が流れることにより、舞台空間の中に本当に溶け込んだような感覚。思わずうっとりしちゃうんです。

舞台転換の間は、音楽メイン!楽しげで軽快なのに、心に染み込んでくる楽曲たちでした。誰もが楽しそうに演奏するので、見ている方も楽しくなっちゃう。特に、音楽監督も務めていらっしゃる中西俊博さんのヴァイオリンは印象的でした。正に音楽隊!

間に、役者さんの歌やダンスが入ったりもして、これはにSHOWとか、エンターテインメントって言葉がぴったりです。で、やっぱりそういうのは生で観るのが一番。見て、聞いて、感じて、楽しい。それがこんなにもつまってる舞台は中々ないです。

計算された美しい動き
お客さんの物語ですが、舞台上にいる4人に2人はウエイターさんです。このウエイターの動きがなんとも美しい。

物語の中では、お客さんの話を聞く役割だったり、レストラン業務を行ったりする彼らですが、この舞台の世界観を作ってるのもまた彼らです。

舞台上はレストランが再現されていて、テーブルとイスが4セット置かれ、それぞれに食器等が整えられています。

それを物語ごとに配置するのがウエイターなわけですが、その動きが美しいの一言につきる。流れるように、静かに、淡々と仕事をこなす様に、ドキドキせずにはいられません。ウエイターの制服を見るだけでもキュンとしちゃうのに。

二人で転換を行うときも、それぞれの同じタイミングで、同じ仕事をしているんです。ああ、この様式美は見てもらわないと伝わらないのか!

ワインボトルを開ける、グラスに注ぐ、注ぎ口をタオルで拭う、この一連の動作の流麗さと言ったら!!それが物語の背後で当たり前に行われているから、世界観となるわけですね。

そしてそれを感じられるのは、やっぱり生の舞台だけだと思います。

「人」を形作る要素
役者さんは4人だけの出演ですが、みなさん、それぞれ個性的で楽しいです。中でも、紅一点の高泉淳子さんは印象に残ってます。

彼女の何が凄いって、舞台上で本人の素がどこにあるのか見抜けないところです。

大抵の役者さんって、演じていたとしても、本人のクセが出ると思うんです。悪い意味じゃなくて、個性とも言えますよね。どんな役を演じていても、変わらないベースの部分。

私の場合、結構すぐにそのベースに気づくんです。演じる時の根元に、発声とか、話し方のクセとか、表情の使い方とか。声優さんでもそうかも。声色が変わっても喉は同じだから、声をたどると同じベースに行き着く。

それが高泉さんには見つけられない。初回ならまだしも、以前にもこの舞台見たことあるのに。凄い、ですよね?もう、別人格が提示される度に感動しちゃうんです。

言葉通り、本当に「別人格」です。もはや、台詞、乗せる感情、仕草、だけに止まらない演技をしてるんだと思うんです。姿勢、その役の仕草のクセ、話し方のクセ、間の置き方、など、「その人」を決定づける全てを以って、役を演じていらっしゃるのかなあなんて感じました。

それってよっぽど、人を観察して、想像力豊かにして、自分を知らないと、できないですよ。たぶん。そう思わせるほどの説得力があるんだもの。

もちろんこれも舞台ならでは、だったりします。舞台って面白いことに、舞台上のお約束事を客席と共有できるんですよね。例えば、映像で、女性が男性を演じると違和感が残る。でも不思議と舞台だと、そういう「現実」の中に身を落としちゃうんですよ。それだけ、没入感が強いんですね。


といった感じに、舞台ならではの魅力が、ぎゅっと濃縮された作品です。

しかも、青山円形劇場が閉館してしまうので、今回でなんとファイナル。この楽しさを味わえるのは今回限りなんです。ああ、悲しいことよ…。


私だったら、デートでこの作品に連れて貰えたらすぐ落ちちゃいます。というか、連れて行ってほしい。物語にキュンとして、夜の帰り道、青山を恋人と寄り添って歩く。

ロマンチックー!まあ、相手いないんですけどー!

恋人と観劇したい作品No.1だったのに、その夢は果たせないようです。残念。

恋人がいて、デートプラン決まってない人は、行けばいいんじゃないかな!羨ましいな!この!


それはさておき、本当に本当に素敵な時間でした。終わってしまうのがもったいですが、また次の出会いがあると信じて。

ありがとうございました!

おわり。

『心霊探偵八雲 いつわりの樹』の裏側の話

舞台
わあ、一週間空いてしまった。本業に勤しんでおりました。

そのご褒美なのか、早めのサンタさんが我が家にきましたよ。

舞台版『心霊探偵八雲 いつわりの樹』DVDが届いたのです!早速たのしみにしていた特典映像を見ましたので、今回はその感想を。

最初に言っておこう!ほぼ東地さんである!

“ザ・バックステージ”
久しぶりに、これぞバックステージ!という映像を見た気がします。バクステと言いつつ、キャストの方が「頑張ります」と意気込む映像が主な「特典映像」が多いなか、『八雲』は色んな視点から映されてて楽しかったです。

もちろんキャストの意気込みも知りたいんです。しかし、それ以外も知りたい。どんな風に、あの表の華やかなステージが作られているのか知りたいのだッ。『八雲』はそれに応えてくれました。

プロってすごい
まず、パンフレット撮影の様子。通常なら、BGMが流れてさささ〜と終わってしまうところなのに、一人一人映されてて感激!くまだは写真を撮られるのが苦手なので、瞬間瞬間で表情をつくる役者さんの凄さを目の当たりにしました。目線や顔の向きだけでだいぶ印象変わるなーって分かるくらい、じっくり映してくれてます。

もちろん東地さんも!しかも大樹っちゃんとの2ショットの場面まで!動く東地さんてだけでレアなのに、撮影の合間に談笑してる姿まで見られて、このためにDVD買ったのだと思いました。(始まって約5分しか経ってなかったケド)

こんなことも稽古で!
ワークショップをやっていたのが面白いなと。2種類のワークショップを大樹っちゃん先導でやってて、中々見られない光景で楽しかったです。舞台で、しかも演技だとしても、実際のコミュニケーションが重要になってくるんでしょうか。それとも、稽古でワークショップって一般的なのかな?正に“舞台をつくる過程”だったと思います。

先輩・佐野大樹
珍しくって言ったら、ものすご〜く失礼なんですが、大樹っちゃんが“しっかり者のお兄さん“をしていて驚きました。

pnishのリーダーだし、物事に真摯に向き合う人だってのは分かってたことなんだけど…pnishの小学生コントの大樹っちゃんを思い出しちゃうと、そのギャップにびっくりしてしまうのです。後輩へのアドバイス然り、ワークショップの説明然り、もうカンパニーの中でこういうポジションなんだなあと感慨深くなるというか。

そうか、分かった。私の中で大樹っちゃんは“弟キャラ”なんだ。実際、弟だし。でも、当たり前なんだけど、後輩に対してはお兄さんだったから不思議な感じがしたんだね〜。

見所たっぷり東地さん
舞台上でも稽古場でもサングラスをしていない東地さんが映ってます。レアだ〜!タレ目なのが可愛いよねうふふ。あとジャージ着てるのもレアだし、それどころかスーツもじゃん、と。とにかく、いつも声を聴くだけなので(もちろんそれで大変満足しておりますが)映像で見る東地さんは、新鮮なのです。

あの、じゃっかん変態チックな目線になることを先にお詫びしておきます。

東地さんの足が綺麗すぎる!!体を絞っていらっしゃるのかな?と思うくらい、膝下がスッとしていました。見ちゃうでしょ…だって半ズボンやん…。筋肉質だし、綺麗だし、ドキドキしたっていいじゃない!最近なんか、ほどよい筋肉にときめくんだよ!

大樹っちゃんが、後輩にアドバイス?してる場面で、トレーニング中の東地さんの足が見切れてて、なんかもう、それに釘付けでした。

あとハッピーバースデー歌う東地さん(の声)可愛すぎ。あの声で祝われたいです。

挙げたらキリがないのですが、とにかく東地さん、素敵です。大好きです。

仲良し?
大樹っちゃんと東地さん、よく飲みに行っていたようですね。二人して「熱い夜」とか言っちゃうし、大樹っちゃんも「後藤刑事と飲むのも、楽しい」発言。仲良きことは良きことかな〜。しかも好きな二人だから、私が勝手に喜ぶという。

そ・し・て。仲良しになったら「お友達」になるかなと期待してた、大樹っちゃんの「D-room7」。きましたよ、きました、ゲストが東地さん回!なんて、くまだに優しい回なんでしょう!情報解禁された瞬間、文字通り飛び上がりました。もちろんチケット確保済みであります。

大樹っちゃんに会えるだけで楽しい会なのに、東地さんにも会えて?しかも役じゃない東地さんで?八雲の話も聞けて?席も近いし?というかどこ座っても目の前で?居酒屋トークが聞ける?一石なん鳥なんですか!!!今からドキドキ、ワクワクしております。


はい、そんな感じで八雲から東地さんの話へシフトしてきたところで、感想を終わりたいと思います。

舞台の感想が一言もない?
いえいえ、もう書いたんですよ。(東地さんにスポットをあてて…)

しばらく観劇していないので舞台のお話は久しぶりでしたね。近いうちに舞台の予定があるので、もうちょっと舞台の話もしたいと思います。

ひとまず今は、本業の疲れを八雲の東地さんに癒して頂こうと思います。有り難や〜。


おわり。

『ヒカルの碁』を見たら囲碁を覚えたくなった

生活 書籍・漫画

ちきりんさんの将棋練習に触発されて、囲碁の練習を始めました。

 
囲碁かよ!
 
だって動機が「『ヒカルの碁』の対局を理解したい」なんだもん…。
 
もう10年以上も愛読してるのに、盤面で何が起きてるのか理解してないのです。周りのキャラが解説してくれて、ナルホドナーと思ってるだけ。
 
物語としては盛り上がれるけど、本当の意味で碁を理解して一喜一憂したい!という欲を持ち始めて何年経つのやら…。
 
毎年恒例のことなんです。漫画を読み返したり、アニメ再放送を見たりして、ウズウズする。去年も今年も第55局「sai vs toya koyo」の一局に心踊らされ、いつか!いつかヒカルが見つけたあの一手のすごさを実感したいと思っていました。
 
で。
 
いつかじゃなくて、今やればいーじゃんと気づく。だって、ネットですぐ覚えられるんだから。
 
インターネット学習についてのちきりんさんの記事を読んで、囲碁も例外ではないことに、むしろ「ゲーム」だからこそ充実してることに今更気づいたのです。
 
 
 なので、昨日から始めてみました。本業の傍ら、息抜きにポチポチと遊んでます。昔、ヒカ碁のゲームやったり、ヒカ碁の碁石・碁盤セットを買って遊んだのに、がっつり初心者です。朧げなルールしか頭にないため、ゼロからのスタートだと言っていい。
 
このへんで基本ルールは頭に入りました。やっぱりヒカ碁で、言葉や形に馴染みがある分、それが土台となるから理解しやすいです。
 
そして、ここらでコンピューター相手に遊びたくなってきたのでゲームに移ります。問題もスラスラ解けたし、と調子に乗って挑みました。
 

一番低いレベルの5路盤で敗れる…。

 
やはり目的がハッキリしている問題と、自分で戦略を立てて勝つ作戦を考える実戦とはあまりにも違う。
 
うっかりアタリを見逃すし、悪手打っちゃうし、攻められないし、守りきれないし。何度「待った!」したくなったか。(できないけど)
 
トライ&エラーを繰り返し、なんとか昨日5路盤に勝利しました。マグレだったかも。。。
 
今日は6路盤に挑戦しているのですが、未だに勝利回数1回です。50回以上、遊んでるのに!テクニック、ちゃんと復習しよ。
 
囲碁センスないのかも、と凹みそうになりつつも、ゲームが下手なのは今に始まったことじゃないので割と平気です。格ゲーで10連敗しても平気な人間なので。心が穏やかという意味の平気ではなく、ものすごい凹んで、時に物に当たりたくなるくらい悔しくなっても復活するので平気という意味です。
 
負け続けたら勝ったときの喜びも一入ですから。5路盤で勝った時も一人でガッツポーズ決めたくらいです。
 
本業が落ち着くまで、このCOSMIさんで遊ぼうと思います。スマホでも遊べる素敵仕様。まずは、うっかりを直そうっと。
 
 
モチベーションだけは無くならない自信があるので、気長にのんびり、楽しもうと思います。
 
碁を覚えたら、『ヒカルの碁』をより一層楽しめるはずだし、10年以上も読んできて新たな面白さを発見できるなんて、こんな素敵なことってないです。
 
絶対に、「さすが塔矢先生、いい一手を打ちますなあ」って心から言う!
 
 
それに、勝負ごとで強くなるのって燃えるんですよねー。根っからのゲーム好きだもんで。負けられない!
 
おわり。